予約ごとにポイントが獲得! シンガポールの人気ホテル ・ 格安ホテルや空港周辺ホテル、観光に便利なホテルをご紹介します。

シンガポールの格安ホテル

最終更新日

2015年07月27日

バックパッカーについて

●バックパッカーとは

バックパッカー(Buckpacking)とは低予算で国外を個人旅行する旅行者のことをさして使われてきた言葉です。バックパックを背負って移動するものが多いことからこの名があります。日本語では「パッカー」と略すこともあります。 こうした旅行は(バックパッキング、buckpacking)また自由旅行や低予算旅行(Budget travel)とも呼ばれます。

従来の旅行者との違いとして、移動に公共交通機関を使うこと、ユースホステルや安宿を伝統的なホテルよりも好むこと、世間的な休暇よりも長い期間に亘ること、バックパックを使うこと、観光地を見るだけでなく地元の住人と出会うことにも興味があることなどが挙げられます。

様々な文化や地域からの旅行者が加わり、これからも加わり続けるであろうため、バックパッカーの定義を厳密に定めるのはとても難しいことです。

バックパッカーの変化

最近では「バックパッカーたちは自身の旅行経験に結びついた行動原理や意義の多様性を反映して不均質なグループを形成したバックパッカーたちは制度化されていない旅行の形式への共通の傾倒を見せ、それがバックパッカーとしての中心的な自己定義となってる」という傾向にあります。 1960年代から欧米で流行し始め、航空券の低価格化と ともに世界の若者の旅装代表となりました。

2000年代にはライフスタイルとしての、またビジネスとしてのバックパッキングが大きな成長を見せました。

格安航空券はもとより、世界各所にあるユースホステル・ゲストハウス・ドミトリーなどの安宿、インターネット上のブログ・掲示板・SNSなどデジタルなコミュニケーション手段や情報資源により、バックパッカーが長期の旅行を計画、実行し、継続することは以前よりも容易になっています。

ただ節約するのではなく、ホテル泊まりで賓客として扱われるパックツアーでは見えない人々の生の暮らしに触れるのもまた大きな目的です。

おすすめの旅行国

●オススメの国

・初心者に適している国

初めてバックパッカーの旅に行くのに適している国として韓国、台湾、タイをオススメします。

理由その1 日本語や簡単な英語が通じて楽に旅ができ、現地の人で日本語をしゃべれる人が多く、また多くの日本人と会える機会が多いからです。

理由その2 日本から近くて頻繁に直行便が出ており、航空券が安いからです。

理由その3 比較的治安が良く、あまりトラブルに巻き込まれません。政治的に安定しており、ある一定の経済レベルにある国といえるからです。 理由その4 短期間で行って帰って来れるからです。飛行機が頻発しているので日程が自由に組めるからです。

理由その5 観光したり、滞在するのに飽きないし、旅をするインフラが整っています。見所や宿、こうつき間が多くて、安定した運営が成されています。

理由その6 日本から近いので旅の総予算あまりかからないからです。旅行期間にもよりますが、5~10万円あれば実現可能です。 中級者向けの国 数回旅の経験を積むと更に行ける国が多くなります。

下記の国々は多少治安の悪い国もありますが、注意して行動すれば問題ないでしょう。また個人で旅行をするためのインフラがあまり整っていない国もあります。 アフリカ大陸ではエジプト、モロッコ、チュニジアです。 南アジアではインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュです。

アジア大陸ではシルクロード、チベット、中国内陸部、モンゴルです。 東南アジアではビルマ(ミャンマー)、ラオス、カンボジアです。 北アメリカではメキシコ、グアテマラベリーズです。

旅行に適した国

・上級者向けの国と地域 中近東、アフリカ、中南米、中央アジア、一部の東欧諸国は経験者に許される地域です。 これらの地域の国々は政治的に不安定であるとか、ビザを取るのが大変な国です。 又バックパッカーとして旅をする宿や交通機関のインフラが余り整っていません。 日本からの直行便も殆ど無く、乗換えを繰り返し航空券が高くなります。

出入国から、移動、滞在など全てに時間が掛かり、旅行期間が長くなります。 それに伴って旅の費用も多く掛かります。 ここでいうアフリカとは俗に「ブラック・アフリカ」と言われる地域で、 サハラ砂漠より南を指します。

アフリカ大陸でも地中海に面している国々は「アラブ」と呼ばれ、人種的にも文化的にも南とはまるで違い、 バックパッカーの間では、「アフリカ」とは思われていません。 中近東はイランから西、地中海沿岸までの国々を指します。

場合によってはアフリカ大陸北部もこの中へ入れることが有り、 イスラエルを除き、全ての国がイスラム教徒国でアラビア語文化圏です。 中央アジアとは中国西域から西、黒海までの間の、旧ソ連圏の国々です。 西トルキスタンと言われた地域で、史跡や遺跡が多くある所です。

ウズベキスタンを除き日本との交流が余り無く、ビザの取得や滞在が難しい所です。 当然バックパッカーの旅をする為のインフラは殆ど整っていません。

犯罪、裏情報

●バックパッカー犯罪、裏情報

・現地の法律を守り、風俗や習慣を尊重する

当然の事ですが、旅行先では、その国の法律に従って行動しなくてはいけません。ある行為が日本では比較的軽い犯罪とみなされていても、国によっては想像もできないほど重い犯罪に該当することもあります。

各国の法律は、その国にある宗教や文化等と密接につながっているものです。旅行中は、旅先国の法律を守り、風俗家習慣に配慮下行動を常に取るようにしましょう。 危険な場所には近づかない、夜間の外出は控えることです。

一見安全と思われる国・地域でも特定の場所や時間帯によっては、危険な場合があります。事前に渡航先の犯罪が多発する場所をチェックし、そうした場所には近づかないことが大切です。また、不案内な外国では、夜間の外出には様々なトラブルがつきものです。

特に少人数での夜間の自由行動は、場所を問わずに控えることをすすめます。 多額の現金、貴重品は持ち歩かない  一般に、日本人観光客はお金持ちで不用心という印象をもたれています。

貴重品にご用心

路上や観光スポットで日本人をターゲットにしたスリや置き引きにも各地で多発しています。犯罪者に目を付けられないためには、旅行者らしい身なりは避けること、万一、犯罪に遭遇しても、最小限の被害で住むよう外出持には多額の現金や貴重品は持ち歩かない様にしましょう。 見しらぬ人を安易に信用しない。 日本人は外国心から詐欺の格好のターゲットとされています。

特に個人で旅行する若者が、旅先出の旺盛な好奇心から見しらぬ人の誘いに安易に乗って自宅に誘われたり、飲み物を勧められたりして「いかさま賭博詐欺」や「睡眠薬強盗」の被害に会った例は少なくありません。

見知らぬ人から親しげに声をかけられても、安易に信用することは禁物です。 薬物には絶対に手を出さない  特に薬物犯罪については、近年、多くのb国が取締を許可しています。死刑を含めた厳罰で望む国も珍しくありません。

実際、旅行中に軽い気持ちで薬物に手を出した人、また知人からの以来を断りきれず「運び屋」を請け負った人、こうした方々の中には、その後の人生を台無しにするほどの重い刑罰を課せられた例もあります。自らの安全のためにも薬物に手を出すことは絶対にやめましょう。

初心者ガイド

●初心者ガイド

スーツケースではなくリュックを背負って、気ままな旅をするバックパッカーになれる人の、性格というか資質はどのようなものかと言うと、 第一に挙げられるのは全ての物事に対して、アバウトにして緻密な性格です。 どちらに偏っても、長い旅をしていると行き詰ってしまいます。

「まあ、いいか~」という面と、「ここは絶対に!」という相反する両面が必要ですが、どちらかというとアバウトな性格の方が自分も周囲の人も気が楽です。 第二に人見知りをしないで誰とでも気軽に話の出来る人です。

かといって余り自己主張の強い人はみんなから敬遠されてしまいます。 どちらかというと控えめの方が好感をもたれます。 ユーモアにとんだ話ができ、相手のユーモアにのれる事です。 第三に自分の社会的地位や過去に囚われない人です。

「この様な地位にいた」とか自分は「人生の経験者だ」とか「年長者だ」等ということは一切表に出さず、誰とでも対等な立場に立つことです。旅先では若者達も年齢や過去に関係なく「バックパッカー」という仲間の1人として受け入れてくれます。

第四は何にでも興味を持ち、チャレンジ精神の有る人です。 「何でも見てやろう」という野次馬根性は旅の必需品です。 特に食べ物の好き嫌いが無い方が旅はしやすいです。 と言うよりは土地の食べ物を積極的に試し、受け入れられる事が必要です。

第五には普通の程度の健康状態に有るということです。 けして人並み外れた強靭な体力は必要では有りません。 日本の日常生活において、人並みの行動が出来る人ならば問題はありません。肉体や健康にハンディの有る人は、多少行動が制限されるでしょうが可能です。

大体以上のような条件ですが、要するに「普通の人」だったら大丈夫という事です。 周囲から「変わり者だ」とか「煙たい存在だ」と言われない性格の人です。 バックパッカーへの道は大きく分けて4段階に別れていると思います。

心構えについて

下記の段階を踏んで行くと無理なく一人前のバックパッカーになれると思います。 第1段階は多くの普通の人が参加しているパック旅行です。 第2段階は自分専用のパック旅行で、「手配旅行」と言われているものです。

第3段階は航空券とホテルと空港送迎だけが付いている「自由旅行」です。 第4段階がいよいよバックパッカー入門旅行です。 今の若者は深く考えず、いきなりリュックを背負って日本を飛び出していますが、 それゆえに見ていますと多くのデメリットを抱えて旅をしております。

そのデメリットをカバーしているのが若さと体力と現役の語学力です。 普通の中高年者にはその何れも無いので、地道な経験を積んで行くのが正攻法でしょう。 今まで1度も外国へ行った事の無い人は第1段階から、 第1段階にある人は第2段階から始めると良いでしょう。 第1~3段階の旅を何回か経験している人は第4段階に入って良いでしょう。

食事と宿

●バックパッカーの宿と食事

バックパッカーの移動手段

 時間がたっぷりとある長期旅行、バックパッカーなら、多少不確実な交通情報でも大丈夫ですが、ある程度の移動手段は調べておく必要があります。しかし、バックパッカー向けの格安交通情報などは日本では情報が集まらないことが多いので「地球の歩き方」や「旅行人」の掲示板で情報収集したり、英語版の「ロンリープラネット」で調べるのもオススメです。

それでも情報が得られない場合は、現地のバックパッカー宿ななどで、客方面から旅をしてきた人に聞くなりして情報を集めます。  その他、国境情報も大事です。

当然日本を出発する前にある程度調べておく必要がありますが、政情不安な国の場合、国の事情で突然国境が閉鎖されることもあり、代わりに他の国境が通過できる場合もあるので、その辺りの情報は基本現地で得ることになります。 バックパッカーの宿 バックパッカーの宿泊は、基本的にユースホステルたバックパッカー宿がメインになることが一般的です。

ただし、それらの宿がない町も多々あるため、そういった町では安宿を探すことになります。だから、その町にバックパッカー宿があるのか?なければ、安宿はどのエリアに集まっているのかなどを事前に調べておくことが重要です。 また、宿までのアクセス方法についてもしっかりと調べておくことも重要です。

日本では駅周辺のホテルは高いことが一般的ですが、海外では駅、またはバスターミナル周辺のホテルは格安ホテルがあることが多いです。正直、駅周辺の治安は決して良くないことが一般的ですが、早朝出発や夜の到着の場合は非常に便利でオススメです。

いろいろな楽しみ方

安宿の情報は「地球の歩き方」や英語板の「ロンリープラネット」に多く掲載されています バックパッカーの食事 こればっかりは、予算・好み・その他の事情で人により大きく差があると思います。

基本自炊の場合、調味料一式の他、米・パン・野菜類、バター類などの食材を持ち歩きます。鍋やフライパン、他の食器などの設備がよい安宿も多いです。宿泊者の多くが自炊をしている宿で自炊もしやすく、滞在者同士でお金を出し合い共同で料理することもあります。

いろいろな方の旅行記を見ていると、「食」をテーマに旅している人は、安宿に泊まって高級な食事を楽しむこともあるようです。 同じバックパッカーでも人それぞれ楽しみ方は違うようです。

ただし、どちらにしても安宿に泊まりながらの長期間の旅は体力を使うので「食」がとても大事です。 自分にあった「食」のスタイルを見つけ楽しむことが大切です。

バックパッカーの歴史

●バックパッカーの歴史

バックパッカーの正確な起源は不明ですが、少なくとも部分的には、1960年代から1970年代にかけてのヒッピー・トレイル(ヒッピーの行跡)にそのルーツをたどることが出来ます。 ヒッピー旅行者たちはかつてのシルクロードであった地域を順番に辿って行きました。

実際に、今日でもバックパッカーたちの一部はそうした旅を、(今日の環境保護運動の人気にも乗じて)より楽な方法によってではありますが再現しようと試みています。

更に歴史を遡れば、17世紀末に公共交通機関を用いて世界を一周したイタリアの冒険者ジョバンニ・フランチェスコ・ジェメリ・カレリが世界最初のバックパッカーの一人 として挙げられることがあります。

かつてのヒッピートレイルをめぐる度は1980年代以降のアフガニスタン・イラク・イランの政情不安のため困難なものになっていますが、バックパッカーたちは世界のほとんどの地域に広がって行きました。近年では、低価格な航空会社や航空便の増加がさらなる増大に貢献しています。

バックパッカーの変化

現在では、北アフリカのモロッコやチュニジアやその他の格安航空会社で到達できる地域が、新しい「ヒッピートレイル」として形成されつつあります。ワンワールドやスターアライアンスなどの世界一周航空券を利用するなどして、バックパッカー・スタイルにて世界一周する人も多いです。 科学技術の変化と進歩もバックパッキングを変化させています。

伝統的なバックパッカーたちはノートパソコンやデジタルカメラや携帯情報端末といった高価な情報機器は東南や破損のおそれがあり荷物も重くなるとしてもちあるきませんでした。

しかしながら、軽量な電子機器との接触を保っていたいという欲望はフラッシュパッキング(裕福なバックパッカーを指す新語)と呼ばれる傾向を生じさせその携帯は進化を続けています。

運ぶものの変化と同時に、バックパッカーは当初ほどには実際のバックパックに頼らないようになってきていますが、それでもいぜんとしてバックパックはバックパッカーの基礎的な荷物と考えられています。

種類

●バックパッキング種類

フラッシュバックパキング

裕福なバックパッカーを指す新語です。伝統的にバックパッキングが低予算の旅行と物価の比較的安い目的地に結び付けられてきたのと対照的に、フラッシュは単純には旅行中により多くの予算を使えるものとされています。

この語はまた、従来の組織的な旅行を見放して、より冒険的なバックパッカーだけのものであった目的地へ進出する旅行者や、高収入な仕事から離職したりキャリア上の休暇を取ったりして自力での旅行に時間を費やすけど、より快適に自宅で慣れ親しんだ多くの装置と共に旅するような旅行者の増加も反映しています。

そのため、宿泊施設も変化し、仕事を確保するために、依然として低予算な旅をしている旅行者にもより高級な設備を提供しようとするようになっていきました。

●低予算バックパッキング

フラッシュパッキングとは対照的に、相部屋や寝袋や長期滞在の場合派アパートの利用などで宿泊費を、屋台や自炊などで食費を、公共交通機関の利用やヒッチハイクや格安航空券の現地調達や陸路の多用で移動費をなど、限られた予算で遠く・長く旅するために大なり小なり節約しながら旅するのが伝統的な低予算のバックパッキングです。

●ギャップパッキング

高校卒業から大学入学、もしくは大学卒業から就職のギャップイヤーの間に多くの国々を短期間にめぐる、主に欧米人の若いバックパッカーの旅を指します。

バックパッキングの種類

●移動手段で見たバックパッキング

鉄道、バス、地下鉄などの公共交通機関のみを利用するバックパッキングをメガローピングといいます。  交通機関の利用を最小限に抑え自転車を主な移動手段として移動するものもいて、そうした旅行者を「サイクルツーリスト」もしくは日本語の造語で「チャリダー」と呼びます。

また自動車などを運転して旅行するものを「オーバーランダー」と呼びます。他にヒッチハイクや徒歩も有力な移動手段です。 沈没、外こもり 物価が安く、社会的なストレスもない旅先の環境に慣れきってしまい、移動や観光もほとんど行わず一つの町や宿に長期滞在するバックパッカーの状態を日本語で沈没と呼びます。最初から沈没を目的に国外へ行くことは「外こもり」とも呼ばれます。

バックパックの中身について

●バックパッカー持ち物

・貴重品 パスポート 海外ではこれが唯一の身分証明書です。

・米ドル現金 緊急時に使えます。複数校を周遊するならこのつうかです。

・日本円現金 緊急時に使えます。国によっては使えます。 トラベラーズチェック 再発行可能なので安心です。

・クレジットカード クレジットカードが1枚あると安心で便利です。 国際キャッシュカード かさばらないので便利です。 海外旅行保険 病気・盗難に備えてましょう。 格安航空券 自由への切符です。船でもOKです。 緊急連絡先リスト 紛失・盗難に備えて作りましょう。

・各種コピー 紛失・盗難に備え本体とは別々に所持しましょう。 各証明書 ビザ 国によっては免除されます。 イエローカード(予防接種) 中南米・アフリカの特定国を旅行するなら必要です。 証明写真 ビザの申請などに使えます。

・マイレージカード マイルを貯めたい人は忘れずに!クレジットカード兼用もありです。 国際学生証 学生の人は思わぬところで学割があるかもです。

・バッグ類 バックパック メインバックは軽くて丈夫なものを選びましょう。 デイバック 街歩き用サブバックです。

・収納バック パッキングしやすくするためです。 チャック付きビニール袋 書類の保護や防水に使えます。

・貴重品入れ 肌身離さずできるものを選びましょう。

・財布 現地通貨用に使います。

・衣類 靴下 三足くらい。

・下着 3枚くらい。

・Tシャツ 3枚くらい。

・ズボン・スカート 着替え用にも一本用意しましょう。

・ショートパンツ 暑い国を旅行するなら。

・ジャケット 寒い国を旅行するなら。

・ウインドブレーカー 一枚あると便利です。

・フリース 1枚あると便利です。

・長袖シャツ 一枚あると便利です。

・襟付きシャツ 一枚あると便利です。

・雨具 雨の中を出歩くなら。ウインドブレーカー兼用でもOKです。

・ 水着 海外旅行先で泳ぐつもりなら持って行きましょう。

・その他 ・靴 疲れにくい物を選びましょう。

・サンダル 暑い国を旅行するならあると便利です。

・ベルト 普段使っている人は。

・帽子 暑い国を旅行するなら。紫外線防止になります。

・サングラス 暑い国を旅行するなら。紫外線防止になります。

・メガネ・コンタクトレンズ 目が悪い人は。予備もあると便利です。

・日用品 ハンカチ 手を拭くのに。

・タオル 2枚ぐらい。

・歯ブラシ、歯磨き 現地調達可能です。

・石鹸、シャンプー・リンス 現地調達可能です。

・くし、ブラシ 髪が長い人は。

・手鏡 女性は必需品です!?

・爪切り 機内持ち込み不可かも知れません。

・耳かき 現地調達困難です。

・カミソリ、髭剃り 現地調達可能です。

・ロープ 洗濯物干しに。

・ 洗濯洗剤 現地調達可能です。

・医療品 サプリメント 健康維持に。

・ 風邪薬 気休めに。

・電子機器 目覚まし時計 乗り遅れないために。

・腕時計 時間が気になる人は。

・ カメラ 海外旅行の記念に。

・電卓 暗算が苦手な人は。

・ デジタルオーディオプレーヤー 音楽好きな人は。

・ 本 世界地図 ルート確認のために

・ 英和辞書 語学堪能でない人は必需品です。

・ガイドブック 参考程度に。

持っているとよいアイテム

● オススメ便利グッズ

・ボールペン&メモ帳 情報をメモするために。

・南京錠 防犯にあると便利です。

・懐中電灯 非常用に。あると便利です。

・アーミーナイフ あると超便利です。

・ 裁縫セット あると何かと役立ちます。